乾燥肌の私が実践している冬の季節に行うかゆみ対策!

乾燥肌で肌の弱い私がとても嫌いな冬の時期。乾燥肌の天敵は我慢できないほどのかゆみ。仕事中や寝る時にとても支障がでますよね?今回はそのかゆみ対策をご紹介していきます。


スポンサーリンク


乾燥による冬の時期のかゆみを引き起こす原因は?

暖房器機・エアコンの使用

冬の寒さをしのぐ為の暖房もとてもお肌には良くありません。エアコン・暖房はお肌への天敵です。暖房をつけることにより空気中の水分がなくなり体内の水分もどんどん奪われていきます。乾燥肌の人は特に暖房の風を直接当てるような事はしないように気をつけてくだだい。暖房器具などを使う方は加湿器などで部屋の水分量を調整することで少しでも改善されます。

熱いお湯での入浴・洗顔

これもやってはいけない例です。寒くなるとついつい熱いお湯に長時間つかりがちですがこれもお肌の乾燥の進行を進めてしまう悪い例です。入浴・洗顔をする場合はできるだけぬるま湯での入浴・洗顔をしましょう。

乾燥肌でもできるかゆくなる前に行う冬の予防策

かゆくなる前に行いたい○つの事をご紹介します。

かゆくなる前の冬の予防策【入浴編】

かゆくなる前の段階での対策方法のポイント

  • ぬるま湯につかる(温かい温度でも40度以下になるように気をつける)
  • 保湿効果のある入浴剤を使う

という所がポイントになってきます。基本的にこの時期は熱いお湯に長時間浸かったり、油分を多く失う洗顔などの使用は控えましょう。

かゆくなる前の冬の予防策【食事編】

乾燥肌の方が特に気をつけたい食事についてお話します。特にこれらの栄養素が効果的とされています。

  • ビタミン(ビタミンA・ビタミンB郡・ビタミンE・ビタミンC
  • タンパク質

乾燥肌の方はビタミン・タンパク質が豊富な食材を取ることで予防することができます。日頃からこれからの食材を意識しながら食事をする事で冬に嫌なかゆみ肌を防ぐことができます。
こちらの記事に乾燥肌の人が特に気をつけたい食事をご紹介しています。

乾燥肌の人がかゆくなってしまった時の冬の対策法

もうすでにかゆみが止まらない人などが特に気をつけたい対策方法をご紹介いたします。

かゆくなってしまった後【入浴編】

かゆくなる前と同様に40度以上のお湯には入らないように気をつけます。なるべく長湯にならないように気をつけます。10分以内の入浴が理想です。保湿効果のある入浴剤に浸かることで肌の乾燥を防ぎかゆみを抑える効果があります。

かゆくなってしまった後に気をつけたい食事

もうすでにかゆくてたまらないという状態になった方にできるだけ控えたい食事のポイント。

  • 香辛料の多い食べ物
  • アルコール

香辛料には発汗性をうながす作用があるためかゆみがある場合には逆に身体が温まる事でかゆくなることがあります。
アルコールは体内に入ったアルコールを分解するために体内の水分が失われかゆみを引き起こします。香辛料と同様に身体があたたまりかゆみを引き起こす場合もあります。
食べ物の種類に関してはこちらの記事で詳しく書いています。

乾燥肌の人が控えたい食べ物と摂取したい食べ物

かゆみがおこっても絶対にかかない

かゆみがおこっても絶対にやってはいけない事が、身体をかくという行為。

乾燥肌・敏感肌の私が冬に行っているかゆくなる前の対策

フェイスケアのご紹介

①乾燥対策にパックを使ってお肌を潤す

 

乾燥は、お肌の持つ油分や水分量が明らかに不足している状態です。そこへたっぷりと、美容液がヒタヒタに吸収されたパックを週に2回程度つかって保湿をしてあげます。シートパックをした後はお肌が水分を吸収したあとなので、私は、その水分の蒸発を防ぐとういう意味でオールインワンクリームでフタをしてあげています。

この時に、注意していただきたいのが、乾燥しているからといってパックを毎日してあげることは間違い!

適度な頻度で時間を守りながら使う!シートをお肌に貼っていると美容液が蒸発して乾燥していきます。つまり、肌の必要な水分まで逃がしてしまう恐れがあます!

週2回ほど時間は短めの5分程度がベストです。それから美容液タイプのフェイスマスクは、過度に使ってしまうと、肌に過剰な栄養を与えてしまうので、肌が甘えてしまうという感じに。ニキビや肌荒れにつながるので、肌の状態を見ながら使ってあげてくださいね。

 

②美容オイルを使う

化粧水などをたっぷりと使ったとしても、使い方や、量などによっては水分が蒸発してしまうことがあります。良質なオイルをつかって、化粧水、乳液、美容液を塗ったお肌に、オイルでフタをしてあげるましょう!

※他にもいくつか使ってみましたが、安価なもので質のおとるものもあり、匂いやベタつきが気になるものがあります。

 

ちなみに私が使っているのはコチラの美容オイル

「DHC オリーブバージンオイル」

スキンケア以外にも、ボディケア・ヘアケアにも使える優秀なオイルです!

植物性100パーセントオイルで美容効果の高い自然由来成分をそのままお肌に与えることができます。

使用方法⇒入浴後に通常のスキンケアをした後に、掌に1~2プッシュします。クルクルと温めてから、顔にハンドプッシュしていき、なじませていきます。気になるところには重ね付けしてください。

朝起きても、テカらず、サラッとしていて着け心地は良いです。お肌のうるおいが保たれていて、長時間つけていても乾燥していないのが分かります。

補足ですが・・・

美容オイルはあくまでもお肌の水分保持を助けるもの!

オイルだけを塗っておけば大丈夫というものではありません。しっかりと化粧水をたっぷりお肌に導入し、乳液を使いお肌の水分量を上げた後に使ってください。また、思春期のニキビ、大人ニキビ、脂漏性皮膚炎などがあるときは、症状の悪化をさけるため、その部分への美容オイルの使用は控えてくださいね。

~美容オイルには、こんな効果もあります~
敏感肌ケア・紫外線・ニキビケア・しわ対策、毛穴対策、など

 

ボディケアのご紹介

①スキンクリームを塗る

私は、カサカサお腹とすね、そして特にかかとのひび割れがひどく、完全にヒビの入った鏡餅状態。定番のニベア青缶、ドラッグストアなどで市販で売られている、かわいいパッケージのスキンケアクリームを使っていました。

私が、実際に使っているのがコチラ↓

「ロッシ モイストエイド馬油スキンクリーム」

女子の選ぶ、可愛い!素敵な香りからは、かけ離れたスキンクリームではありますが、これは優秀!家族からこれあげると言われ、あるから使ってみるか程度で使い始めたものです。その名の通り、馬油が配合されたクリームです。とりあえず、使ってみるつもりが、毎晩のお風呂上がりの乾燥対策でとても、役立っています。しっかりとしっとりと保湿したい方にお勧めです!

 

 

見た感じべとべとした感じで、テクスチャーはしっかりとしていますが、つけてみると意外と肌によくなじみ、いやな感じはしません。若干、匂いが、ハーブのような独特の香りがするので、気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は、つけているうちに慣れてきました。

 

クリームの特徴

①配合されている馬油は、人間の皮脂に似ていて、肌に浸透していく浸透力を持っているので、肌なじみが良い。

②肌のかさつきや乾燥から守ってくれて、潤いの状態を持続してくれる。

抗酸化作用や、殺菌作用があり、皮膚常在菌の繁殖を防いでくれる。

皮膚の新陳代謝を促して、傷跡やシミが消えるようにサポートしてくれる。

なるほど!このように調べて使ってみてわかりましたが、かかとのひど乾燥に悩みこれを塗ってすぐに回復したのは、潤いを与えてくれる、持続性と、新しい皮膚を作り出す新陳代謝を馬油スキンクリームが補ってくれたからみたいです!

 

馬油スキンクリームの良さはそれだけじゃありません

✔全身にたぷり使える220gサイズ

保湿クリームにしては珍しく、大きな容器にたっぷりと入っています。少しの量で伸びるので、使う範囲にもよりますが、秋から冬で1つ購入しておけばもつと思います。

✔コスパに優れている。

購入方法にもよりますが、だいたい500円前後です。※ネットや量販店、ドラッグストアで購入できます。

 

②入浴剤の入ったお風呂に浸かる

お風呂に入って、乾燥肌からお肌を守る。冬のお風呂には欠かせないアイテムではないでしょうか?いろんなパッケージの物が売られていて購入する楽しさもあります。

 

乾燥肌にとって刺激になりやすい成分のものは避けましょう

乾燥肌の時は、フェイスと同じくボディもとても敏感になっています。バリア機能の低下で敏感に反応してしまうので、避けたほうが良いとされている成分は以下のとおりです。

【合成着色料・合成香料・防腐剤・合成界面活性剤・など】

その中でも、合成界面活性剤はシャンプーや洗剤にも使われていて、よく耳にします。人工的に合成された物質で自然界には存在しないものです。合成界面活性剤は分解されずに、お肌にとどまり肌に重要な機能であるバリア機能を、知らない間に破壊しているそうです。肌の保湿力も低下し、乾燥肌や敏感肌を進行させてしまいますので、避けるようにしましょう。

 

市販されている入浴剤によく含まれる保湿成

・セラミド  肌の角質層で細胞の中のスポンジのように水分や油分を抱え込んでいるような存在です。ヒアルロン酸と同じように肌の潤いの効果を与えます。

肌のバリア機能を助けるのがセラミドで、セラミドが肌にあることで水分をたっぷりと含んだみずみずしい肌がたもたれる。

 

・ヒアルロン酸  もともの人の体内に存在する成分です。ムコ多糖類(ねばねばした物質)の一つです。ムコ多糖類の中でもヒアルロン酸は水分を保持するのに優れています。

ヒアルロン酸の減少は、肌の乾燥・ハリ・シワ形成の原因を作り出してしまいます。

 

・グリセリン  吸収性の高さから保湿化粧水・エイジングケア化粧水などによく使われている成分です。セラミドやヒアルロン酸よりは保湿力は若干劣るようですが、もっとも古くから用いられてきた保湿剤の一つです。無色無臭の粘り気のある液体です。

グリセリン+ヒアルロン酸ナトリウムを組み合わせると、さらに水分力が高まり、肌に皮膚バリアをつくり肌を守ってくれます。

 

・シアバター  アカテツ科の高木シアバターの木の種子からとれる脂肪。食用にするほか石鹸などにも使われています。”天然の保湿の王様”と呼ばれる保湿成分です。

お肌の角質を柔らかくしてくれる、作用があり、シワ対策やエイジングケアにもおすすめです。

 

・ミルクプロテイン  牛乳たんぱく質であるカゼイン由来で、お肌にすっとなじむ保湿力の高い成分です。

お肌にしっとりとした感触を与えてくれます。

 

実際に私が使っている入浴剤「バスロマン スキンケア ミルクプロテイン配合

ミルクプロテイン保湿成分が角質層まで浸透してくれて、なめらかなスベスベとしたお肌にととのえてくれます。ミルクプロテインというその名の通り、優しい甘いミルクの香りがし、分かりやすく言えばペコちゃんでお馴染みのミルキーのような香りです。お湯につかると、湯気と一緒に立ち上がるその香りに癒されますよ。

乳白色で若干ぬめりがあり、乾燥してダメージを受けたボディが、うるおいベールに包まれます。おススメの入浴方法としては、ぬるま湯で40度くらいのお湯で5分程度体を温めるのがおススメです。あまり長く浸かってしまったり温度が高いと、逆に痒みが出てしまいます。

かゆみ対策のまとめ

人によって乾燥の程度は様々ですが、最低限、かゆみが伴うのは、避けたいことです。乾燥のせいでかかとが、ひび割れストッキングがはけない、お化粧のノリが悪くて気分が乗らない、と冬の難題に悩むことが以前は頻繁にありました。しかし、しっかりとした、自分にあった乾燥肌対策をすれば、痒みや、それに伴った炎症は防げるということが分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

お肌があまり強いとは言えない私が、これまで使用してみて良かったコスメや基礎化粧品をご紹介させていただき少しでもお役に立てればと思います。その他、お出かけ先の美味しいものや、おススメのスポットなども載せますので、良かったらお立ち寄りください!